赤川の磯谷

吐血と喀血は両方とも口腔から血を吐くことですが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出ることであり、吐血の方は無腸間膜小腸よりも上部にある消化管から血が出る病状を示しているのです。
HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2~3杯はカフェイン抜きのコーヒーに変えると、驚くことに直腸癌の罹患リスクを半分も減らせたそうだ。
ジェネリック医薬品(generic drug)というものは新薬の特許が無効になってしまった後に発売され、新薬と変わらない成分で経済的負担の小さな(価格の高価ではない)後発医薬品のことを意味します。
物を食べる時は、次に食べたいと思った物をなんとなく口に入れて約20回噛んで飲み下すだけだが、そのあと身体は実によく働いて異物を人体に取り入れるよう努力しているのだ。
杉の花粉が飛散する1月から4月の時期に、小さな子どもが体温は普通なのにしょっちゅうくしゃみをしたり水っぱなが止まない状態なら、残念ながら『スギ花粉症』の可能性があります。
万が一婦人科の検査で現在卵胞ホルモンと黄体ホルモンの量が基準値を下回り早期閉経(premature menopause)だと判明した場合は、足りていない分の女性ホルモンを補填する治療方法で良くなります。
ストレスがかかり、蓄積してしまう原理や、便利で有用なストレス対策など、ストレスに関して全体的な知識を保持している方は、現時点ではまだ多くないようです。
アルコール、薬、化学調味料を始めとした食品添加物等の成分を酵素によって分解し、無毒化する働きを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の果たす非常に重要な活動の一つと言えるでしょう。
債務整理 無料相談 宇都宮市
クモ膜下出血はその8割以上が「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管にできた瘤(コブ)が破裂して脳内出血することで発病する深刻な病気として知られるようになりました。
内臓脂肪の多い肥満と診断されて、油脂の過剰摂取などによる「脂質過多」、高血圧(こうけつあつ)、血糖(sugar in the bloodblood sugar)のうち2~3個に当て嵌まる事例のことを、メタボリックシンドローム内臓脂肪症候群)と名付けました。
我が国における結核対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に沿う形でおこなわれてきましたが、平成19年から違う感染症とひとくくりにして「感染症新法」に基づいて遂行されることに決まったのです。
基礎代謝(きそたいしゃ)は人間が動かなくても燃焼してしまうエネルギー量であり、その50%以上を骨格筋・内臓の中で一番大きな肝臓・多量の糖質を消費する脳が使うということです。
酒類に含まれるアルコールを無毒化する特徴のあるナイアシンは、苦しい宿酔に効果的な成分です。辛い宿酔の大元とされる酢酸アルデヒドアセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解に力を発揮しています。
肥満の状態は前提として摂取する食物の種類や食生活の質、運動不足などが誘因ですが、量の等しいごはんだったとしても、あっというまに食べ終わる「早食い」を続けたならば肥満(obesity)を招く可能性が高まります。
日々の折り目正しい日常生活の維持、腹八分目の実践、無理のない運動やスポーツ等、一見アナログともいえる自分の身体への留意が肌のアンチエイジングにも活用されるのです。