読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高野の柏原

アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を下げたり変異を誘引するような人体に対する有害物質を体の中で無毒化し、肝臓のパワーをより強める特徴が認識されています。
HMSの調査結果によれば、通常のコーヒーと比較して毎日2~3カップのノンカフェインのコーヒーに変えると、なんと直腸がんの罹患リスクを約半分も減らせたとのことだ。
杉の花粉が飛散する期間に、小児が体温は平常なのにしょっちゅうくしゃみをしたりサラサラした水っぱなが止まってくれない症状なら、もしかすると『スギ花粉症』の恐れがあるでしょう。
ストレスが溜まる経緯や、有用なストレス対策など、ストレスに関わる詳しい知識をお持ちの方は、現時点ではまだ多くないようです。
汗疱(かんぽう)とは主に手の平や足の裏指の間などに細かな水疱がみられる症状で、広くは汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出ると足水虫と混同される場合が結構あります。
加齢に伴う難聴ではなだらかに聴力が低下していくものの、大体において60歳過ぎまでは耳の衰退をきちんとは自認できないものです。
体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内における脂肪が占めている率のことを指し、「体脂肪率(たいしぼうりつ)=体脂肪量(キログラム)÷体重×100」という計算によって弾きだせます。
薬剤師求人 東大阪市
肝臓をいつまでも元気に保ち続けるためには、肝臓の毒素を無毒化する作用が落ちないようにすること、とどのつまり、肝臓のアンチエイジング対策を実践することが有効です。
好気性桿菌の結核菌は、菌を保有している人が「せき」をすることによって室内や外気に投げ出され、空気中でフワフワ浮遊しているのを違う人が空気と一緒に吸い込むことで拡がります。
吐血と喀血、2つとも口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血というものは咽頭から肺に続いている気道(きどう、呼吸器の一つ)からの出血のことで、吐血というのは無腸間膜小腸より上部にある消化管から血が出ることを表しています。
体脂肪量に変動がなく、体重だけが食物の摂取や排尿などにより一時的に増減するようなケースでは、体重が増えた人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った方は体脂肪率が上がるのです。
男性だけにある内臓の前立腺はその生育や活動にアンドロゲン、すなわち男性ホルモンがとても深く関連していますが、前立腺に発生したガンも同じく、アンドロゲン、即ち男性ホルモンの働きを受けて大きく成長します。
HIV保有している精液や血液のほか、唾液、母乳、腟分泌液といったあらゆる体液が、乳飲み子などの粘膜や傷口等に触れることで、感染の危険性が高くなってくるのです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、最も多い中耳炎で子どもに多く起こる病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の熱、鼓膜の腫れや炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などの耳の症状がみられます。
ビタミンB6には、かの有名なアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれているエネルギー源を燃やすために必要な重要な回路に取り込ませるため、再度細分化させるのを助長するという動きもあります。